m&a 方法

  • 相続税申告で税理士に依頼できること

    相続には、遺産分割の方法や相続税申告など、相続人が不利益を被らないよう適切に対応するためには様々な専門知識を要します。なかでも相続税申告に関わる問題は、税金の専門家である税理士に相談するのがよいでしょう。 ・相続税の節税対策相続税の節税対策には、贈与税の基礎控除を利用した方法、相続時精算課税・夫婦間贈与・住宅取得...

  • 相続対策における生前贈与(生前分与)とは

    贈与税の課税方法の一つに暦年課税があります。これは、一年間に受贈者が受け取った財産額の合計のうち、110万円を超えた分に対して課税される方法です。つまり、年間110万円以下の金額で被相続人が生前に贈与すれば、税金を納めることなく財産を承継することができます。もっとも、毎年同じ人物に贈与していると税務署から財産を分...

  • 相続税申告の流れ

    ・申告先と方法相続税申告は、被相続人が亡くなった時点の被相続人の住所地を管轄とする税務署に行います。また、確定申告などと異なり電子申告は認められていないことから、申告書類を税務署に持参するか郵送して提出します。 大阪市、北区、中央区、西区、天王寺区、浪速区、福島区、都島区、淀川区、阿倍野区など大阪府での相続、相続...

  • 相続税申告の対象とは

    課税対象を把握しておく上で正しい方法は、被相続人の全ての相続財産を特定し、その財産のうち非課税財産を除外していくことです。こうした方法であれば、余すことなく課税対象となる相続財産を把握できます。 ・本来の相続財産本来の相続財産とは、相続税の課税対象となる相続財産のことで、お金に換算できるすべての財産を示します。

  • M&A支援を税理士に依頼するメリット

    ここで妥当な買収価格を決めることになりますが、このバリュエーションには様々な方法はあり、いずれに手法も会計に関する深い知識が求められるため、税理士に依頼して企業価値を算出してもらうことができます。 買い手側にとっては財務・税務のデューデリジェンスを税理士に依頼することができます。デューデリジェンスとは売り手企業の...

  • 組織再編のメリット

    株式評価額を下げるには、高収益部門を切り離して新設法人に移す会社分割という方法をとることができます。逆にM&Aの際は株式評価額をなるべく高くしてから株式譲渡を行えば売り手に大きな利潤をもたらすため、不採算事業を切り離す組織再編を行うこともあります。買い手側の企業も既にある事業を買い取ることで、新規事業を開拓する時...

  • 事業承継のメリット・デメリット

    会社の経営権を後継者に引き継ぐ事業承継には大きく3つの方法があります。親族承継・従業員承継・M&Aの3つです。これら事業承継の方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、どの方法での事業承継が適しているかは会社によって異なります。それぞれの事業承継のメリット・デメリットを確認して、最も良い事業承継の形を模索す...

BASIC KNOWLEDGE

当事務所が提供する基礎知識

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

TAX ACCOUNTANT

税理士紹介

田中税理士
代表税理士 田中 隆資 Takashi Tanaka

日々の努力を忘れずに、邁進して参ります。

当事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

田中隆資税理士事務所は、大阪北区に事務所を構え、個人・法人を問わず様々なご相談を承る事務所です。相続の生前対策・お手続き、事業承継、法人の税務・会計業務、起業支援、経営相談など、ニーズやご予算に合わせてお手伝いいたします。

  • 経歴

    昭和62年12月2日生まれ。徳島県出身。

    大阪経済法科大学卒業。

  • 所属団体

    近畿税理士会(131417)

OFFICE

事務所概要

田中隆資税理士事務所
〒530-0004大阪府大阪市北区堂島浜2丁目2-28堂島アクシスビル4階SYNTH

営業時間/平日9:00〜17:00※事前予約で時間外・土日祝対応可能

FAX 06-7878-5691

INFORMATION

お知らせ・情報