事業承継 税制 m&a

  • 相続税申告で税理士に依頼できること

    また、不動産に課せられる相続税を計算する上で、不動産の評価額を減額できる税制上の措置を利用することもできます。評価額の減額は、相続税の減額にもつながります。相続によって、事業承継をする場合、株式の相続においても相続税が課せられます。株式の評価方法は複雑であり、やみくもに申告すると余分な相続税を払うことにもなりかね...

  • 事業承継問題で税理士に依頼できること

    事業承継に関して税理士に依頼して進めて言った方が確実かつ迅速に済む問題がいくつからあります。一つが節税対策です。 事業承継税制という事業承継に関する税制があります。この税制事業承継に関する相続税や贈与税が100%納税猶予されるなど事業承継問題に対応するための税制です。しかし、手続きや条件はかなり煩雑なものとなっ...

  • 事業承継税制のメリット・デメリット

    事業承継を行う際に多額の税金が発生します。具体的には株式を承継する時に発生する贈与税や相続税といった税金です。 株式を現金化することは難しいため、これらの税金が事業承継を行う上で大きなハードルとなっていました。そこで事業承継税制という税制が作られました。この記事では事業承継税制のメリットやデメリットについて見てい...

  • 相続対策における生前贈与(生前分与)とは

    ・相続時精算課税制度相続時精算課税とは、親・祖父母が60歳以上であり、かつ子・孫が20歳以上である場合、親・祖父母から子・孫への贈与は、贈与総額が2,500万円以下なら非課税となる制度です。ただし、この制度を利用すると、生前贈与が2500万円以下でも贈与者が亡くなった場合に、贈与した分だけ相続税が課せられます。

  • 組織再編のメリット

    事業承継で株式の相続を行うときに多額の相続税が発生します。この相続税は株式評価額を下げることで節税することができます。株式評価額を下げるには、高収益部門を切り離して新設法人に移す会社分割という方法をとることができます。逆にM&Aの際は株式評価額をなるべく高くしてから株式譲渡を行えば売り手に大きな利潤をもたらすため...

  • 事業承継とは

    事業承継とは会社を後継者へと引き継ぐことを言います。これまで日本企業の事業承継は親族による承継が中心でした。しかし、少子化や働き方の多様化などにより子どもが事業承継をしないケースが増えてきています。 このような背景から後継者が未定という中小企業は非常に多く、中小企業庁によると2025年までに100万社を越える企業...

  • 顧問税理士にお願いできること

    この業務のほかにも、節税対策、資金調達、経営アドバイスや事業承継まで幅広い業務を行うことが可能です。 田中隆資税理士事務所では、大阪市内、神戸市を中心に関西のエリアで「税務申告」、「節税対策」、「顧問税理士」などに関する税務相談を承っております。「顧問税理士」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所...

  • 事業承継のメリット・デメリット

    会社の経営権を後継者に引き継ぐ事業承継には大きく3つの方法があります。親族承継・従業員承継・M&Aの3つです。これら事業承継の方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、どの方法での事業承継が適しているかは会社によって異なります。それぞれの事業承継のメリット・デメリットを確認して、最も良い事業承継の形を模索す...

BASIC KNOWLEDGE

当事務所が提供する基礎知識

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

TAX ACCOUNTANT

税理士紹介

田中税理士
代表税理士 田中 隆資 Takashi Tanaka

日々の努力を忘れずに、邁進して参ります。

当事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

田中隆資税理士事務所は、大阪北区に事務所を構え、個人・法人を問わず様々なご相談を承る事務所です。相続の生前対策・お手続き、事業承継、法人の税務・会計業務、起業支援、経営相談など、ニーズやご予算に合わせてお手伝いいたします。

  • 経歴

    昭和62年12月2日生まれ。徳島県出身。

    大阪経済法科大学卒業。

  • 所属団体

    近畿税理士会(131417)

OFFICE

事務所概要

田中隆資税理士事務所
〒530-0004大阪府大阪市北区堂島浜2丁目2-28堂島アクシスビル4階SYNTH

営業時間/平日9:00〜17:00※事前予約で時間外・土日祝対応可能

FAX 06-7878-5691

INFORMATION

お知らせ・情報