田中隆資税理士事務所 > 事業承継・組織再編・M&A支援 > M&A支援を税理士に依頼するメリット

M&A支援を税理士に依頼するメリット

M&Aを行う上で税理士に依頼するメリットについて見ていきます。

 

M&Aにおいて税理士が果たす役割は多岐に渡ります。
M&Aの交渉で重要なのが企業価値や株式評価額です。株式などの評価を行うことをバリュエーションと言います。
ここで妥当な買収価格を決めることになりますが、このバリュエーションには様々な方法はあり、いずれに手法も会計に関する深い知識が求められるため、税理士に依頼して企業価値を算出してもらうことができます。

 

買い手側にとっては財務・税務のデューデリジェンスを税理士に依頼することができます。
デューデリジェンスとは売り手企業の財務・税務・法務などにおける売り手企業のリスクを調査することです。
あるいは事業の将来性などを調査し、売り手企業の価値についても知ることができます。

 

M&A後も税理士が果たす役割もあります。M&Aを行った年は多額の税金を納める必要が出てきますが、適切な方法で節税を行わなければ、税金逃れとされてしまう恐れがあります。
税金のプロフェッショナルである税理士に依頼して、適切に節税対策することができます。
また、税理士はこれらM&Aに関する一連の業務を請け負うこともできます。そして一連のM&Aの流れの中で、適切なアドバイスを得ることができます。このようにM&Aにおいて税理士は大きな役割を果たします。

 

田中隆資税理士事務所では、大阪市内、神戸市を中心に関西のエリアで事業継承に関する相談を承っております。
お困りのことがございましたら、お気軽に当事務所の税理士までお問い合わせください。

BASIC KNOWLEDGE

当事務所が提供する基礎知識

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

TAX ACCOUNTANT

税理士紹介

田中税理士
代表税理士 田中 隆資 Takashi Tanaka

日々の努力を忘れずに、邁進して参ります。

当事務所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

田中隆資税理士事務所は、大阪北区に事務所を構え、個人・法人を問わず様々なご相談を承る事務所です。相続の生前対策・お手続き、事業承継、法人の税務・会計業務、起業支援、経営相談など、ニーズやご予算に合わせてお手伝いいたします。

  • 経歴

    昭和62年12月2日生まれ。徳島県出身。

    大阪経済法科大学卒業。

  • 所属団体

    近畿税理士会(131417)

OFFICE

事務所概要

田中隆資税理士事務所
〒530-0004大阪府大阪市北区堂島浜2丁目2-28堂島アクシスビル4階SYNTH

営業時間/平日9:00〜17:00※事前予約で時間外・土日祝対応可能

FAX 06-7878-5691

INFORMATION

お知らせ・情報